FC2ブログ

インデックス大阪のフリマを見に行って

今日の1冊


キムンカムイ 1~最新巻(少年マガジンコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]キムンカムイ 1~最新巻(少年マガジンコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]
()
三枝 義浩

商品詳細を見る


 420 → 1895

仕入れてから売れるまで3ヶ月ほどかかりました。
出版後、かなりの年を経ているので、値下がりの心配は少ないかな?
状態が良く、かつ余裕があれば仕入れる1セットです。








インデックス大阪のフリマ行ってきました!
その感想は・・・・・


        微妙


この一言に尽きます。


まず思ったほどの出店数ではなかった・・・・。
フリマにしては大規模ですが、1店あたりの区画がさほど広くなく、全ての店をチェックするのに1時間もかかりませんでした。
500店もなかったように思えたけど、それくらいはあったのかな?良く判りません。



そして、やはり同類(せどらー)が何人かいたようです。
DVD・ゲームは最初の5分で数枚ゲットできましたが、あとはサッパリでした。
フリマの時はこの2つから狙うのが王道と思っています(嵩張らず、かつ高収益が狙えるため)が、そこはやはり皆同じ。
ある店でサーチしていると、店のオバサンに『最近はみんな携帯で(値段を)調べるねえ』と話しかけられました。
あははと笑っておきましたが、先客がいたということでしょうね、それも何人も^^;



最後ですが、この理由がもっとも重要かな。
入場料や駐車料金など、必要経費がけっこうかかることがデカイです。
今回の必要経費は、


入場料400円(100円引チケット利用)+駐車料金1000円+高速代900円 = 2300円


けっこうかかります><
仕入費用プラスこの額は、少し厳しいものがあります。




まあそれでも、行って損はしませんでしたね。
仕入に3500円使いましたが、それらの商品の売上見込額が24000円。
そこからアマゾン手数料15%と、そんな上手くは売れねーぞ経費予定に30%。
実際の売上額は


 24000円×55% = 13200円


ま、こんなトコですか。
ここから経費を引くと、


13200 - 2300 - 3500 = 7400


7400円が粗利の見込み額となります。



やっぱ微妙だな^^;
現地で過ごした時間は2時間ほどだけど、移動時間を含めると、あんまワリは良くないさね。



ついつい上着を1着3500円で買ったり、散財しちゃったしね。
プリントデザインは超好みだったけど、素材は安っぽかったし、今思うと1000円が妥当^^;
オッサンのインド人顔負けの値切りトークに負けました。
一部再生。



「へー、コレいいね」
「でしょ?5980だけど、サービスしとくよ?」
「ふーん、いくら?」
「うーん、5980だけど・・・・・大サービス!!5000円!!」
「ふーん(素材を触ってみて、思ったより安っぽいカンジだったのでそっけない)」
「これはねえ、普通なら6000円7000円で売っている商品だけど、今日だけ、大サービス!!サービスしとくよ!!」
「ふーん(その場を離れようとしている)」
「あ、お兄さん、コレお気に召さない?」
「確かにデザインは好みだけど、値段とつりあわないねえ」
「うーん、値段かー」
「そう、値段」
「うーん・・・よし!思い切って4500円に!こういう場だし!」
 あらためて今思うと、オッサンの値下げの理屈がサッパリわかりません。
「や、残念だけど、その価格で買う商品じゃないから」
「うーん、じゃ、お兄さん、いくらなら買う?」
「や、残念だけど(立ち去ろうとする)」
「ヨシ兄さん4000円!4000円だ!出血大!大サービス!!(さりげなく回り込んで進路を塞ぐ)」
「う、うーん・・・・(ちょっと心が動く)」
「どう?」
「・・・・・・3500円なら、買ってもいい・・・・」
「・・・・・・・・・・うーん・・・・・・・・・・・・・・・・・・仕方ない
!!!!!!!持ってけ!!!!!!」



てなやり取りがあり、上着は3500円と引き換えに、私の手元にやってきました。
けど、改めて評価すると、いいとこ2980円です。
オッサンのナイストークにしてやられました。
でもちょっと楽しかったので、まあヨシとします^^;


src="http://money.blogmura.com/sedori/img/sedori88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ" />
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : Amzonマーケットプレイスで売れた本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle