FC2ブログ

ただいま東京遠征中 その4

まいど。所長です。
今はアキバのカプセルホテルで、このブログを更新してます。
このホテルにはネットブースがあったので、久しぶりにパソコンでの更新作業。
やっぱりキーボードでの入力は楽だわ~♪


けど、そろそろ腰がヤバいです。
帰ったら整体いこっと・・・==)


では昨日のお話をば。
遠征4日目。
「スーパーホテル立川」にて起床。
スマホでブログを更新し、荷物を一箱発送。
このホテルはなかなか良かったです。部屋が清潔で朝食もなかなかうまい。
今までスーパーホテルはほとんど利用してなかったけど、これならまた使ってもいいなあ。


チェックアウトしたあと、まずは立川駅前のブックオフへ行くことに。
が。
ここのブックオフは宅配サービスを行ってませんでした。
そーいや、以前来た時もそれで苦労したような気がするなあ・・・。
運がいいのか悪いのか、それなりガッツリ仕入ができてしまい、しょっぱなから荷物を抱えるハメに。
ひー><


12時前、中野駅へ移動。
コインロッカーに荷物をあずけて、中野ブロードウェイをチェック。
14時からamazonのアメリカ輸出セミナーに参加予定だったので、ここでの滞在は小一時間程度。
雑なチェックとなり、仕入もサッパリでした。
もっとも、時間があったとしてもどうだろうね・・・。


目黒駅に移動して、amazon.co.jpの本社へ。
セミナーに参加。
ここでの出来事は帰ってから改めて書こうかと思います。
一言。行って良かった!


セミナーが終わったのが17時前。
秋葉原へ移動して、まずはホテルへチェックイン。
今回利用したのは「豪華カプセルホテル 安心お宿」。
カプセルホテルなのに一泊5000円以上しました。
まあお風呂があったりパソコン使えたり、それなりに設備は充実してたけど。
それでもやはり寝床はカプセルホテル。周りの寝床がすぐ近くにあるため、音が聞こえてきました。


ひとまずカプセルホテルの話題はここまでにして。
いったんホテルのロッカーに荷物を置き、ひとっ風呂浴びて、夜の秋葉原へ。
シンさん、仙台から来てくれたKさんと一杯やりに行きました。


例の一億円企画については、進んだのかどうかよくわかりません。
まあ方向性は示したし、あとはシンさんがやりたいかどうかかな?というところ。
私はやるけどね^^


この日の飲み会は、仕事がらみの雑談がメインという感じ。
「塚田農場」で一杯。
シンさんはとてもドス黒くなっていて、話してて刺激的でしたね。
隣に座っていたKさんは、比較すると絵にかいたような好青年でした。
彼の役に立つお話ができた気はあまりしませんが、まああきらめてください^^;
たいへん楽しゅうございました^^


今日の夜には大阪へ帰ります。
さて、軽く日本橋をチェックするかね。
ではでは~♪


所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2020年は、まあ、ゆるく楽しくやってく予定です。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle