FC2ブログ

需要と供給のお話(あるいは一種のグチ)

今回は二本立て。
先日酔った勢いでブログを一本書いたのですが、内容が過激すぎるため一旦お蔵入りにしました。
が、破棄してしまうのももったいないので、修正して載せることにします。
ではどうぞ!



まいど。所長です。

現在朝4時過ぎ。
お酒飲んでます。日本酒。
わーい♪
(注:修正作業中のワタシも飲んでます^^;)


最近、日本酒はもっぱらコレです。



「越後鶴亀 招福神 純米吟醸 1800ml瓶」


うまいんだなコレが。
マイルドかつ芳醇な旨み。
これぞ日本酒の王道。
「福寿」のするりとした清冽な味も好きだけど、いやホントはあっちのほうが好みだけど、一升瓶で置いてないのよね==)
その点、こちらは3000円+消費税で1.8L。
まる一日は楽しめます。
酒が飲める飲めるぞ~♪


でまあヒマつぶしに、お題をひとつテーマに考察してみようと思います。
「GWのブックオフセールは活用するほうが得か否か?」
うん。こーいうの、せどりブログっぽいねあはは~。
やべえ窓の外明るくなってきた。テンション上がる~♪


◇お題の答え

私は活用しないほうが得、と考えてます。
GW、それもセール時とあって、ブックオフの店内は大賑わいの大混雑です。
レジも混みあいます。
このような時に仕入に励むのは、セールの値下げによるメリットより、時間ロスのデメリットのほうがはるかに大きいかと。
このへんは得意とする商材でも、メリットデメリットの割合が異なるので一概には言えませんが。
例えばコミックセット、それもブックオフで揃えやすいセットものをやるのは、この時期おすすめしません。
GW後に出品者が増加し、価格大暴落、というリスクが現実味を帯びるからです。
逆にマニアックな単行本、かつ高額なもの、ならセール時に廻るメリットのほうが大きいかもです。
大切なのは需要と供給、その点を常に意識しておくべきだと思います。



んで転題。
実はコレが今回、一番言いたかったことかもですが。
amazonでの値下げ競争について。
私はやればいいと思ってます。
より安く、より良いものを提供するために切磋琢磨する。
それは商売においてしごく当然のことではないかと思うのです。


相場を崩すな、というのを反対意見としてよく目にしますが、状況は常に変化するものです。
だれかが大きく値下げしたとしても、本当に適切なら価格は元に戻ります。
それが戻らないとしたら、結局のところ状況が変わった、それだけのことかと。
変化を受け入れ、常に変化しようと意識する、そうした部分が足りないんじゃないか?
自分の提供するものの価値を、本当にわかっているのか?
そもそも価値というものが相対的であやふやなものだと理解してるのか?

勉強のためもあって、色々な同業のブログを見せてもらってますが、最近どうにもモヤっとしたのがあったので吐き出してみました。
ま、一種のグチですな。あんまカッコよろしくない==)
明日からはもうちょいマシなのを書こうと思います。



所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle