FC2ブログ

せどりにおける「セットもの」についての雑感

今日の1冊



「何様のつもりダ!! コミック 1-4巻セット」
著:草薙竜樹

 0 → 550(FBA)

併せ売りしてたセット本が目的で購入。
そっちで充分儲かったので、こっちの仕入費用は実質タダ。
ま、こっちは大して儲けにゃなってませんがね。




所長です。
昨日は車で大阪南部を廻ってきました。
激カラ∑(ノ゚□゚)ノ
かなり枯れてました。


終盤にオイシイのをいくつかゲットしましたが、あれがなかったらかなりサムい一日でしたね^^;
こっちのエリアは2か月に一度くらいチェックすれば充分だな~。


昨日あったお話。
夜、ブックオフの喜連瓜破に行ったとき。
1Fのコミックコーナーで、異常なほどのクサい匂いが。
くさっ!Σ(゚д゚;)
どうやら立ち読み中の中年男から発せられるスメルのようで、その威力メガトン級。
そのコーナーから早々に逃げ去りました。
風呂入ってから来てくれ。頼むから==)


しかし、コミックせどりをする人が増えているようで、昨日も2人のそれらしき人と遭遇しました。
逆に単行本のせどらーは見かけなくなりましたね。
私の得意ジャンルにほかの人が入ってくるのは、あまり歓迎できる事態ではないのですが、まあ仕方ありません。
多分一過性の流行で、数か月後には大半が淘汰されているでしょうから。


セット「だけ」のせどりを行う、というのは、始めるのも続けるのも比較的容易です。
けれど私は、それだけに頼るのはあまりオススメしません。
例えブックオフの単品管理が進もうとも、せどりの存在意義は目利きにあると思ってます。
セットものは以前ならともかく、ライバルの増加した昨今では、情報(それも生きた)が大事になっています。
必然、目利きを磨くことがおろそかになる。
(目利きがいらない、というワケでは決してないのですが)
もっとも「情報」というのは非常に重要なので、情報のプロ、せどりから離れてそういう方向に向かうならいいかもですが・・・。
残念ながら多くの人は、セットの抜け巻を揃えるのに店舗を廻ることに終始し、そこから抜け出すことができない。
まあ一種の肉体労働者、そうなるケースが極めて多いと思いますね。


勿論、ならない人もいますし、セットものメインで充分に稼いでいる人もいるようです。
やる気とやり方次第ではあります。


とまあ、今日はせどりにおける「セットもの」についての雑感でした。
結果的に。
なりゆき次第風のゆくまま気の向くまま。それがウチのブログ==)


さて。今日は夜に消防団の定期訓練があります。
それまで日本橋でも攻めようかね?
ではでは~。


所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle