FC2ブログ

ラノベ&コミックレビュー的なおはなし

今日の1冊



 260 → 480

よくわかんないけど、急にポンポンと2冊売れました。
まあ、だからと言ってさほど儲かっていませんが^^;





好きな本を紹介したい!
そんな気分なので、今日はラノベ&コミックレビューです。
朝5時だけど焼酎飲んでます。テンションMAX。
いえー♪




「この恋と、その未来。 
-二年目 春夏-」
(2015年11月現在 シリーズ4作目最新刊)
著:森橋ビンゴ
イラスト:Nardack(ナルダク)


ついこないだ最新刊を買いました。
まだ冒頭を読んだところ。読みすすめるのがたのしみー♪


作品の内容についてさらりと。
主人公は3人の姉を持ち、女への幻想のカケラもない高校生男子が、横暴な姉達から逃れるために寮生活を選んだら、心は男:身体は女な人物と相部屋になってしまい・・・というところから物語は始まります。
せつない。もどかしい。
頭ではわかっているのに、心が求めるものは違う。
青春恋愛物語どまんなか。超ストライクです。
ライトノベルにありがちな、ラッキースケベとピンクもやもや感で引っ張る展開、ではなくリアルで現実的。
物語が進むにつれ、同部屋の「未来」にどうしようもなく惹かれる、そんな本気の苦悩が伝わってきます。
イイネ!






「晴天なり シリーズ 文庫版 全3巻セット」
著:藍川さとる


「変わること」
作者がこの作品を通じて描いたこと、テーマ的なものはそれなのかな、と思います。
作者さん自身が自覚していたのかどうか定かではないですが。
この人感性の人っぽいしね。「バクマン」のシュージンとは対極の人。それがゆえに長続きしなかったのかなと。


登場人物たちは、等身大のキャラクター性を持ち、基本的に人との出会いをきっかけにほんの少し幸せな変化をします
成長、とも少し違うのかな。そうかもしれないけど。私的には「変化」。
それぞれに抱える問題、それに気づくきっかけ、変わることの難しさと大切さ。
ちがうんだそうじゃないんだ。理解してほしいんだ。主要な登場人物達の切なる訴え。
青春時代を生きる人たちが変わることの過程、そしてその大切さを、丹念に緻密に描いた、そういう印象の作品群です。


いちばん好きな作品は「サンクス ア ミリオン」。
母親は愛する人を選んだ。子供である自分を置いていって・・・。
醒めた高校生青年の、恋愛話なのかなんなのか、よくわからない青春物語です。
今読み返してみると、CMネタに時代を感じますね。
「せめてお名前を!」「セザール」 シンデレラ之助。
 「セ」のアクセントがポイントです。「 ザール」。リピートアフターミー。


最後に一言。作者の藍川さとるさんへ。
高校のころ読んで以来、ずっと好きでしたー!
アイラブユー。



ふう。満足^^
ではでは~♪



所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle