FC2ブログ

京都を廻って日帰り遠征

今日の1冊



 1440 → 3850(FBA)

「うわさの姫子 全4巻完結」
著:藤原栄子

初見のコミックでした。
たまたまセットで揃っていて、いけそうと判断したので購入。
売れるまでにかかった日数はふた月くらいだったと思います。



所長です。
7時半に起きたのですが、朝メシ食べたり電脳仕入したり洗濯物畳んだりしてるうち、あっという間に9時過ぎに。
特に電脳はやってるうちに、思わぬ時間が経っていることがあるので、気をつけてます。
で、もうすぐ事務所へ行って出品作業始めるので、今日のブログは巻き気味でいきます。



昨日はバイクで京都へ。
朝9時過ぎに出発し、171から新御堂、中央環状を通って高速道路へ。
近畿道を走って京都入り。
10時ごろからまる一日京都を攻めてきました。



感想。
滋賀よりよっぽど良かったです。


いつのまにか御園橋のエーツーが閉店していたのには、ちょっと残念でしたが。
PCゲームを扱う店が減るとさみしくなるのよ^^;


仕入については、質・量ともに満足。
途中で荷物が一杯になり、ゆうパックで自宅へ送りました。
バイクは車と比較すると、積載量が少ないのがデメリットですね。
そのかわり「機動力」という強みがあります。
駐車するにも、料金は車より大抵安いですしね。
もっともビッグスクーターで行くと、停める場所が見つからないなど、不利に働くこともありますが。


私は仕入ルートによって車とバイクを使い分け、効率的に廻れるようしてます。
京都を廻るときは、バイクのほうが圧倒的に多いです。
京都市内へ車で行くと、駐車場の確保に困ることがあり、駐車料金が高いので。
京都はもう何度も行ったので、ビッグスクーターを停めれる駐車場で安いトコ、いくつか把握してます。


22時過ぎまで廻り、荷物満載で帰路へ。
下道を約1時間疾走。
ゆうべは寒さがこたえる夜でした。手足冷えひえ。
帰り道、箕面の「水春」でひとっ風呂。
かぽーん。はーぬくぬくー。
冷え切ったまま帰って寝て、それで風邪でもひいたら厄介だからね。
お風呂に入るのも仕事のうちなのです。えっへん。


いやしかし、昨夜は本当に寒かった。
冬だなー、って思いましたね。そろそろマフラー積んどかないとマズいわ。



んじゃぼちぼち出品作業しにいきます。
ではでは~♪



所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle