FC2ブログ

牧歌的、かつだらけた一日。あるいはペヤング

今日の1冊



 108 → 298

コンビニコミック。
一時はちょくちょく仕入れてましたが、どうも回転が良くないので、最近はあまりチェックしてません。




所長です。
本日は一日サボリの日。
朝の水やりと、洗濯物をたたむくらいしか、仕事らしいことをしてません。
夏の日光がねー、地味にこたえるんだよなー。



とゆーわけで、日がな一日ベッドでゴロゴロ。
扇風機かけて音楽かけて、読みかけの小説やマンガを読み漁り、時折一眠り。
うん。夏休みに入ったばかりの小学生のようですな。はっはっ。



ゆうべの晩御飯はぺヤング。
先日セブンイレブンで販売再開してたのを見かけて、これは食べねば!と思っていたのですよ。
私は関西人には珍しいぺヤング党です。
約20年前。京都の大学に入学してから1年間、寮生活をしたのですが、そのときの相部屋の男が群馬出身でした。
で、彼が帰省から帰ってきたとき、おみやげにくれたのがぺヤング。
当時関西では販売されておらず、その容器を見るのもそれが初めて。
けれどそのスパイシーな味に、私もぺヤングの虜となりました。
いやホント、あのときの衝撃はなかなかのものでしたね。
相部屋の荒川、元気かなー。



関西でぺヤングを見かけるようになったのは、ここ近年です。
それも通常の倍サイズの「超大盛ペヤング」が主流。
あれイマイチなんだよねえ。麺に対してソースとスパイスのバランスが悪い。
私は関東に行く機会があるたび、ペヤングをケース買いしてました^^;



ちなみに、ぺヤング焼きそばシリーズは4種類あって、
 
ノーマル→Big→大盛→超大盛

の順に内容量が増える、とのこと。




などとペヤングトリビアをつらつら書いているうちに、ハラへってきました。
本日の朝食は畑で採れたきゅうり。昼食は豆腐一丁、では足りず近所のうどん屋に。
夜は飲み仲間と難波で一杯。本日は和食系のバイキングだそうな。じゅるり。


では、ボチボチシャワー浴びて、フラフラ出るといたしますか。
ではでは~。




所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

No title

中年にはペヤングは定番ですね^^

応援しておきました。ポチッ

>矢田さん

応援あざーす( ̄∇ ̄*)ゞ
関西ではいまだに知名度が低くて、ペヤング党の私としては残念でなりませぬ( TДT)
sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle