FC2ブログ

2015年関東遠征 3日目&4日目

遠征3日目。
「豊橋ステーションホテル」にて起床。
ウェルカムドリンク、1Fのコミックコーナーなど、それなりにサービスが充実。
惜しむらくはホテル自体がちょっと古くて、部屋も年季の入った印象を受けた点かな。清潔ではあったと思うけど。



朝食後、タケさんとの合流時間ギリギリまでブログを執筆。
20分ほどでなんとか書き上げる。


9:30、タケさんがホテルの前に到着。
同行せどりの続編開始。



この日のメインターゲットは浜松。
下道を通り、道すがら仕入しつつ目的地へ。
途中、某書店にて新品CDが100~300円で叩き売りしてるのを発見。激アツ。
1時間ほどチェック。
DVDも含めて、定価13万円ほどの新品商品を1万ちょっとでお買い上げ。見込利益は上々。



浜松入り。
この地域はイマイチ。
以前もあんまいい印象なかったから、あんま期待はしてませんでした。



浜松高林店では、コミックまで単品管理されており、やる気の急降下。

DSC_0005_2015053009290182a.jpg

こんなのまで単品管理にしなくてもいいと思うんだけどね?




タケさんとはここでお別れ。
大阪に戻り、溜まりにたまった自己発送を片付けるとのこと。
ちなみに先日福岡へ行ったときは、70件溜まっていたそうな。ワオ==)



20:30、現地のYさんと合流。
夜。
宴会。
三日連続。

ビール!ビールビール!



翌日タケさんからメッセージが。
「昨日はドサクサまぎれで二軒目おごらせてしまってすみません^^;」


・・・そういや、なぜか飲み始めのころに、Yさんに万券渡したような記憶がうっすらと・・・・・。
・・・それすらさだかじゃないけど・・・


タケさん、今度おごってね♪



遠征4日目。
「コンフォートホテル浜松」にて起床。
二日酔いと遠征疲れで、この日のブログ更新を断念。
あー、体調よくねー。



気分のノリもあまり良くなかったので、下道でダラダラと東へ進み、道すがら仕入。
が、枯れ気味のブックオフばかりで、ほかのお店の感触も良くありませんでした。
藤枝のブックマーケットが大型店なので、ここに期待していたのですが、値付けが厳しくてここでもイマイチ振るわず。



こりゃ、今日はダメだな。
判断ミスだわ。
とっとと静岡市内まで移動すべきだった。
反省。




夕方頃、静岡駅前に到着。
パルコで「コップのフチ子展」をやっていたので、ちょっとのぞいてみることにしました。

DSC_0009_20150530092904f17.jpg

DSC_0008_20150530092903a9a.jpg

フチ子、ほとんど扱ったことないんだよなー。
結構いいらしいけど・・・。
試しに会場限定のフチ子を3つ購入。今のトコプレ値だけど、帰って出品するころにはどうなってるやら==)



しばらく駅前をふらふらするも、その後これといった成果もなし。
某店で勝負をかけるも、ここもスカ。
この日はさっさと仕入を切り上げて、休養にあてることにしました。
ここのところ飲みすぎだったしねー。今日は禁酒すっか^^;


ホテルへチェックイン。


「お客様、当ホテルはワンドリンクがサービスとなっております」
「あ、じゃビール」
「あと、本日はカクテルも一杯無料のサービスを行っておりまして・・・・」
「マティーニおくれ」


旨かったので、テキーラサンライズをお代わりで注文。
その後、夜の街に繰り出したのは言うまでもありません・・・・・・。
アホか私は==)



所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle