FC2ブログ

フォルツァSiに夢中

今日の1冊



 648 → 2980(FBA)

最近、コミックの仕入ではセットの比率が上がってきてる気がします。
私としては、あまり喜ばしい傾向ではないですね。
せどりの本筋はセット売りではなく、1冊のプレミア本を見つけ出す力にあると思うので。





先日、フォルツァSiが納車されました。

フォルツァ

サイコーです。
いやホント、すばらしい・・・・・・!




マジェスティに比べると、車体は一回り小さいですね。
なのにパワーはそれ以上あるように思えます。それでいて穏やかで静か。マイルド。
加速・コーナリング・乗り心地なども申し分なし。
間違いなく、今まで乗った中で最高のバイクです。
フォルツァSi、250ccのスクーターとして、かなり高いレベルなんじゃないですかねー。



納車後は毎日のように乗り、仕入に廻ってます。
乗れば乗るほど心地よさが増していくようです。



このバイクには、ちょっとした遊び心もあります。
夜になると、メーター等の計器類が光るんですよ。
こんな風に。

DSC_0008_20150523103751dc5.jpg


中央の表示系は薄みがかった青、4つの計器類は周りが紅に。
これが幻想的で、夜によく映えるんですよ。
ビューティフル・・・!



買って大正解でした。
今ではフォルツァSiにメロメロです^^



が、不満もないわけではありません。
まずはメットインの容量ですね。
これが思ったよりも狭く、広いけど深さが足りない。
比較すると、この点ではマジェスティのほうが上回っています。


もうひとつ、フォルツァSiは後部座席と前のシートが一体化してる作りとなってます。
これだと、後部座席に荷物を乗せて括ってしまったら、メットインの開閉ができなくなってしまいます。
前のマジェスティは前部のみが開くつくりで、こちらのほうが使い勝手が良かったですね。



まあ、大容量のキャリーボックスを取り付けたり対策をしてはいます。
が、仕入車としての使い勝手、という点では以前のマジェスティのほうが上ですね。




けれどこのフォルツァSiは、それを差し引いて余りある魅力に溢れています。
バイクに乗るのが楽しい、と思ったのは久しぶりですね。
これに乗って仕入に廻るのが、これからとても楽しみです。



とまあ、本日はフォルツァSiのレビュー的な内容でした。
さて、今日はどこへ行こうかな?
ではでは~。



所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle