FC2ブログ

所長のエロコミック批評空間

今日の1冊



 約5000 → 11800(FBA)

鉄板作品。
たいへんよろしい。うむうむ。





「所長のエロコミック批評空間」

今回の企画は80%のエロコミック魂と、20%のワルノリでできてます。
エロコミ好き以外は完全スルーしてください==)



18禁コミック。
それは本来、性的欲望を満たすためのもの。
しかしながら、エロとストーリーの面白さがものの見事にマッチした作品も、中にあります。
そしてごく稀に、「エロ」がおまけのような、ストーリー性豊かな作品に出会うことがあります。
本日はさまざまな、名作、と呼ぶことのできる作品を紹介します。
所長の独断と偏見で厳選した、キラ星の如く美しい、そしてどマイナーな作品の数々をご覧ください。



ではひとつめ。

「1986年~冬~」



水原賢治「日曜日に彼女は」より。


あらすじ。
映画監督志望の男が、ふと学生時代に撮った自主制作ビデオを見つけ、その映像に見入っているうちにうたた寝する。
映像が終わり、ノイズを映してどれほどの時間がたったのか。
「えっと・・・これでいいのかナ!?映ってる!?
うん 大丈夫か」
偶然発見したのは、10年前の彼女からのビデオレターだった・・・。



私の心にどストライクの作品でした。
久しぶりに読み返してみたけど、やっぱいいわー。
18禁シーンがむしろ蛇足に思えるくらい。せつなくて味わい深い。たった20ページの作品なのに、いつまでも心に残っています。
この本は短編集で、ほかにも良作がイロイロ。
次点のオススメは「Lily」という少女がヒロインのお話かな。爽やか爽快、でもせつない。




ふたつめ。

「愁思の刻」



文月晃「少女発熱」より。


あらすじ。
思い出せるけど、正確に記載できる気がしないのでスルー。
手元にこの本、ないのよねー^^;



や、いい作品なのよマジで??
妙齢の女性と少年とのコミュニケーション的なストーリー。
ただ、我ながらこのお話の何が気に入ったのか、よくわかんないな。なんか凄く好きだけど。




みっつめ。
今度は短編ではなく、1冊の作品としての枠組みで。



秋葉凪樹「放課後」

作品全体に共通して流れるムードが好きですね。軽いけど、なにか心に残る。
うまく言えないなあ。けどイイんだよこの作品は。
ほかの作品はイマイチだけどね。



よっつめ。



えのあきら「ぺかぺかの洋航娘」

あらすじどころか、内容もよく覚えてません。
そんなの紹介するなよ・・・・・・。
が、なーんか印象に残ってるんだよねーコレ。
えのあきらさんの絵はこの頃には既に完成されていた気がします。



いつつめ。



青木幹治「Only You」

この作者の可能性に完敗。
天才です。
いずれ世に出てきますこの人。
名セリフ 「今ボタン押したら、たぶん必殺技出る」
いろんなバカっぽさは他の追随を許しません。



ラストー。



Dr.P「侵略的恋愛主義」

エロコミック(コメディ系)の完成形ではないかと。
ハッピーエンドが最高さ!
愛あり笑いありの良作。
また、この作者はハズレがない印象。
日々研鑽してるのですな、たいへんよろしい。



で。
今回、新たな読者層の開拓をはかってみたのですが
・・・・・・・・・正直やりすぎた。
かと言って封印するのも惜しいし、ブログの日付を一年前のエイプリルフールにして、一般の目から隠すかな…( TДT)


所長に応援のクリックを!(=゚ω゚)ノ


にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : せどりで稼ごう。
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle所長プロフィールsidetitle

通称「所長」。
2011年9月、副業として「せどり」を開始。
翌年、それまで勤めていた会社を辞めて独立。
年間収支は例年、数百万をキープ。
2015年度には年間収支1000万オーバーを達成。

 

2018年、セカンドビジネスとして訪問マッサージ事業をスタート。
が、成功の目処が立たず、半年で事業から撤退することに。

2019年はネット物販に注力し、資金増加を図ろうと考えてます。
sidetitle主な業務内容sidetitle
amazonにてネットショップ「藤川事務所」を運営。
本・CD・DVDのリサイクル業が主。
ほか新品を含め、ホビーや家電・食品など、ジャンルに拘らず幅広い商品を取り扱っている。
最も得意なジャンルはコミック。コミックせどりに関しては日本最強(自称)。
2015年度は年間収支1千万円を達成。
大阪在住。
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle
sidetitle史上最高のコミックは?sidetitle
「ベイビーステップ」
著:勝木光

私が選ぶならこの一作。 頭も身体もフルに使って戦うタイプのスポーツ物主人公はとても珍しい。
主人公のエーちゃんの戦う姿勢に感動。
ただ【頑張る】のではなく、どう頑張ればいいのかのヒントがこの本にはあります。
sidetitleお気に入りライトノベルsidetitle
「WORLD END ECONOMiCA (ワールド エンド エコノミカ)」
著:支倉凍砂
イラスト:上月一式
全3巻。
舞台は近未来の月面都市。ジャンルはライトノベルには珍しい経済モノ。
面白いけど、内容はそれなりにしっかり経済系なので、読むほうにもある程度の知力体力あるいは根気が必要かもしれません。
株、大企業の不正、不動産ビジネスなどを軸にストーリーが進行します。
ラストの展開は涙無しには読めません。そして全ての話が見事にまとまっています。
挫折の場面も含め、こうでないといけないよな、と納得できます。
これを超える作品求む。
sidetitleオススメPCゲームsidetitle
「DEARDROPS with Cross the Future」
製作:OverDrive

リアル系バンドストーリー。メインストーリーは何度プレイしても空きのこない面白さ。
【本気】で生きる人の熱をビンビン感じる隠れた良作。
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle